そのウェブサイトで使われている色は適切か

ウェブサイトにアクセスはあるものの、問い合わせにはほとんど繋がらない。そんなとき何が原因で、どう改善すればよいのでしょうか。

アクセス解析を見て流入経路等の調整を行うまえに、まずは外観的に目でみれば判断できる項目について、問題がないか確認しておきましょう。今回はその中で、ウェブサイトの色について。

ウェブサイト全体の雰囲気や色は適切か

ウェブサイトのベースカラーとして、ごく一般的な色を使っているのであれば問題は稀だと思いますが、もしロゴから持ってきた色や、士業さんが好きだという理由で選択した色なら、全体の雰囲気がおかしなものになっていないか、今一度、第三者に確認してもらうのも一計です。

爽やかさ、開放感を感じてもらえるように

士業事務所のウェブサイトには、何らかの問題が生じて悩んでいる人、困っている人が訪れます。そのため、基本的にはその問題が解決され、明るい未来へ進んでいく印象を抱かせるウェブサイトをデザインすることになります。

ところが、ロゴの色、好きな色が暗めの色であるとき、あるいは奇抜な色であるときは、ベースカラーが暗く(奇抜すぎて)、ウェブサイト全体から受ける印象も暗く(奇抜に)なりがちです。

もしベースカラーがコーポレートカラーであるなど、別の色と変更することが難しいときは、ヘッダー画像等の目立つ写真に青空を使うなど、開放感のるイメージを配置することで全体の雰囲気調整が図れることもあります。

ベースカラーについては、「木の色は癒やし効果があるだろう」的に安易な選択で茶色を使われるケースも多いようですが、茶色は気をつけないと暗い方向に振れやすいこと、および訪問者側でも好き嫌いが意外とある色なので、たいした理由もなく選択してしまうとちょっと怖いです。

ディスプレイの個性による弊害

次に、士業さんが日々の業務に使っているパソコンでウェブサイトを自作したという場合は、ディスプレイの色味に引きずられてウェブサイト全体の色味がおかしくなっていないか、他のパソコンからも確認します。

青みがかったディスプレイで組み上げたウェブサイトは、逆の色味である黄色で中和しようという方向へ振れ、全体の印象が「黄ばんだ」「古ぼけた」おかしなものとなります。また、黄色みがかったディスプレイで組み上げられたウェブサイトは、全体の印象が「青ざめた」「寒い」ものとなります。

それから、光沢液晶画面で(しかも輝度を上げたディスプレイで)ウェブサイトを作ったときも、全体的に色が暗くても気付かないことが多くなるため、要注意です。自分のパソコンで見るぶんには雰囲気の良いサイトでも、他の人のパソコンからではやけに薄暗い、ということもありえます。

ウェブサイト全体の色味がおかしいと、ウェブサイトから受ける印象もおかしくなります。そして「なんか雰囲気が変だな」というウェブサイトは、問い合わせをする最後の場面で、アクションを躊躇してしまう方向へ作用してしまいかねません。

色が使われている数と比率は適切か

そして、色の問題ではもう一つ。ベースとして選択したカラーを使いすぎ(配置しすぎ)ていないか、色を多く使いすぎていないか、ウェブサイト全体の色の比率等も確認します。

士業事務所のウェブサイトは情報提供の場ですから、文字情報が読みやすい白や薄い色の比率を高めて、色味を使うところは基本的にナビメニューや見出し部分などに絞って比率を低めます。また、使う色数もベースカラー以外にはベースカラーを多少濃くか薄くか変更した色、および差し色として使う色の3色程度が適当です。色数を多くしてネオン看板のようにしてしまうと、士業としての信頼性が損なわれます。

背景色を暗色系にして格調高い雰囲気を狙ったウェブサイトもありますが、困った状況に陥っている人が訪問する可能性があるウェブサイトほど、安心感を与えられる色に調整しないと、なかなか最後のアクション(お問い合わせ)には繋がりにくいです。

士業のウェブサイト制作・活用アドバイザー。これまで制作に携わった士業ウェブサイトは、行政書士、司法書士、社会保険労務士、税理士、弁護士、建築士、土地家屋調査士等430件以上。神奈川県横浜市在住。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Tumblr

    https://wamoblr.tumblr.com/post/172855044115https://wamoblr.tumblr.com/post/172511323700https://wamoblr.tumblr.com/post/172475739850https://wamoblr.tumblr.com/post/172440858900

Feedlyで最新情報を確認

ページ上部へ戻る