同業さんのブログ確認や効率的な情報収集にRSSリーダーを使おう

RSSリーダー(Feedリーダー)、何か使われてますか?よく同業さんのブログをチェックすることが多い士業さんで、もしまだRSSリーダーを使っていらっしゃらなければ。利用するとブログのチェックだけでなく、様々な情報の収集も容易になるのでとっても便利です。是非使ってみてください。

RSSリーダーって?

RSSリーダー(Feedリーダー)は、簡単に言ってしまえばブログやニュースサイトの情報を集めて一箇所で確認できるように整頓してくれるツールです。

RSSリーダーがないと、「Aさんのブログを表示して新着記事があるか確認して、あったら読んで、次はBさんのブログ。その次は新聞社のウェブサイトで気になるニュースがないか確認」という風に、それぞれのブログやウェブサイトを移動しながら、新着記事があるのかないのか確認しつつ読み進めることになります。

これはこれで楽しいのですが、限られた時間でチェックするときや、毎日なるべく多くの情報を確認したいときなどには、結構な手間と時間がかかってしまいます。

RSSリーダーがあれば、一度ブログや新聞社ウェブサイトなどを登録することで、あとは未読の記事を新着から順に一覧表示してくれます。しかも、Aさんのブログだけ表示させるとか、AさんBさん含めて同業さんのブログ新着記事だけ表示させる、あるいは様々なウェブサイトを含めて全体の新着記事を表示させるなど、読みたい新着記事の範囲も瞬時に切り替えることができるため、非常に便利です。

最近は別のサービスと連携できるRSSリーダーも増えているので、「この記事、後でちゃんと読もう」とか「このページは保存しときたい」といった際にも、ボタン一つでブックマークサービスや保存サービスなどと連携できるのも便利ですね。

feedlyを導入してみよう

RSSリーダーは様々な種類が公開されていますが、大きくはダウンロードして使うタイプとウェブ上で使うタイプの2種類があります。

どちらでも、使い勝手の良いものを選べばオッケーですが、できればパソコンだけでなくスマホからも同じRSSリーダーを簡単に使えると利便性が増します。

ということで、ここでは利用している人の多いfeeedlyというRSSリーダーをご紹介しますので、まだ使ったことがない人はこの機会に是非触れてみてください。一度使ったが最後、RSSリーダーのない生活には戻れない便利さがありますよ、きっと、たぶん。

feedlyのアカウント作成

パソコンからfeedlyを使うときは、アカウントを作ればブラウザからアクセスするだけで使えます。

https://feedly.com/

ウェブサイトに移動されて「うへ、英語かよ」と思われた方、大丈夫です。登録してしまえば、普段利用する限りでは英語を読む機会は全くといってよいほどありませんのでご安心ください。

アカウントは、Google(Gmailなど)やTwitter、Facebookを利用されている士業さんなら、そのアカウント経由で新規作成することもできます。が、ここではイチからアカウントを作成する手順で進めます。

画面はその時々で変わるかと思いますが、新規アカウントを作成するためにまずはGET STARTED FOR FREEと書かれた緑のボタンをクリックです。

Feedlyの登録

何のサービスと連携してアカウントを作成するか聞かれますので、ここでは何のサービスとも連携させずfeedly自体のアカウントとして作ります。(緑のContinue with feedlyをクリック)

Feedlyのアカウント登録

氏名、メールアドレス、パスワードの入力画面になります。入力したら緑のCREATE MY ACOUNTをクリックです。

feddlyのアカウント作成

アカウントを作成すると即、次のような画面が表示されていると思います。

feedlyの初期画面

まずはSearch for the publications,blogs,and keyword alerts you want to followと書かれた下にある検索フォームに、いつも読んでいるブログのURLを貼り付けてみてください。たとえば、このブログの「https://u-5.jp/」を入力すると、次のような表示が出ます。

この中で、登録するのは(今回の場合は)2番目に表示されているフィードです。

上記のようにいくつかの候補が出て迷われるときは、だいたいのブログやニュースサイトが「URL+/feed/」とか「URL+/atom/」などのURLでフィードを配信していますので、それっぽいものを選択すればオーケーです。

選択すると、そのブログ・ニュースサイトの情報が一覧表示されるので、間違いなければ緑色の+feedlyボタンで登録です。

まったく新規の場合は、collection(分類するカテゴリ)がありませんので、collectionを作ってCREATEボタンをクリック。

ここでは仮に、「ブログ」というcollectionにしました。画面左下のほうに表示されている緑のCLOSEボタンでメニューを閉じます。

これでfeedlyへ、そのブログのフィードを登録することができました。以後、ブラウザでfeedlyにアクセスすれば、登録したブログやニュースサイトの新着記事が確認できるようになります。左側のメニューでAllを選べば登録したすべてのフィードから新着順に表示、collectionで分類した項目を選べばその分類のフィードが新着順に表示されます。

iPhone、Androidのアプリも公開されているので、導入して同じアカウントでログインすると、パソコンで登録したフィードをスマホで確認したり、逆に移動時間中にスマホで登録したフィードをパソコンでゆっくり確認、などの連携利用が便利になります。

ウェブサイト上のボタンをクリックでも手間なく登録できる

なお、feedlyはもっともメジャーなRSSリーダーの1つなので、ブログやニュースサイトにも登録用のボタンが用意されていることが多いです。feedlyの登録ボタンがあるときは、わざわざfeedlyの検索フォームにURLを入力しなくても、ボタンをクリックするだけでフィード登録ができるので楽です。

このブログにも、記事の末尾やサイドバーにfeedlyの登録ボタンを設置していますので、動作確認を兼ねて?試しに、登録してみてください。

feedlyはブログやニュースサイトのフィードをただ登録していくだけでも便利ですが、色々と用意された機能を使うことで、より便利に情報の収集と管理ができるようになります。そのあたりは追々、触れる機会があればまたご紹介します。

WAMO

士業のウェブサイト制作・活用アドバイザー。これまで制作に携わった士業ウェブサイトは、行政書士、司法書士、社会保険労務士、税理士、弁護士、建築士、土地家屋調査士等380件以上。神奈川県横浜市在住。

関連記事

Feedlyで最新情報を確認

ページ上部へ戻る