士業ホームページの考察

「お客様の声」を集めてウェブサイトの2大不安要素の解消を図る

ウェブサイトの反応率を上げていくには「お客様の声」はとても大事で。避けて通ることができない要素と言えます。ウェブサイトで取り扱う士業さんの業務内容にもよりますが、極論してしまうなら「ウェブサイトの効果はお客様の声の力が半分、それ以外が半分」...
士業が活用できるツール

訪問者に占めるスマートフォン利用者の割合とモバイルフレンドリーテスト

ウェブサイトをスマートフォンで確認する人の割合は、年々増加の一途をたどっています。士業さんの取り扱う業務の内容によっては、スマホからの閲覧者が7割、8割を占めることもあるため、スマートフォンユーザーの割合の確認と、ウェブサイトのスマホ対策は...
士業ホームページの考察

既存ページを増補・改訂してウェブサイトの活性化を図る

ある程度のページ数が既に存在するウェブサイトなら、新規にページを追加するのではなく、既存ページの定期的な増補・改訂でも活性化を図ることができます。 士業さんのウェブサイトは制度や法律について触れている記事が多いので、増補・改訂していく...
士業が活用できるツール

同業さんのブログ確認や効率的な情報収集にRSSリーダーを使おう

RSSリーダー(Feedリーダー)、何か使われてますか?よく同業さんのブログをチェックすることが多い士業さんで、もしまだRSSリーダーを使っていらっしゃらなければ。利用するとブログのチェックだけでなく、様々な情報の収集も容易になるのでとって...
士業ホームページの考察

依頼に至らない士業ウェブサイトはどの段階に問題があるのか

「依頼が入らない」「問い合わせが無い」。士業事務所のウェブサイトで思ったような反応が得られないとき、その原因は様々です。ウェブサイト訪問者の行動する段階を細かく分けて、各段階ごとに問題点を改善していく必要があります。 細かく段階を分け...
士業ホームページの考察

「事務所案内だから事務所情報を載せる」ではウェブからの反応を得にくい

士業事務所の総合ウェブサイト(いわゆるコーポレートサイト)でも業務特化型ウェブサイトでも、「事務所案内」のページは渋めの存在感ですが、実はウェブ営業上かなり重要な役割を果たします。ここでしっかり訪問者を接客・応対できるかによって、最終的なお...
士業が活用できるツール

活用しなくてもいい!Google Analyticsを導入だけしておこう

士業事務所でウェブサイトを活用していくとき、どのくらいの人数の訪問者がどのページを閲覧したのか、客観的なデータが何も分からなければ改善の方向性が掴みにくくなってしまいます。 「今はそこまでするつもりないから」という士業さんも、後日、ウ...