活用しなくてもいい!Google Analyticsを導入だけしておこう

士業事務所でウェブサイトを活用していくとき、どのくらいの人数の訪問者がどのページを閲覧したのか、客観的なデータが何も分からなければ改善の方向性が掴みにくくなってしまいます。

「今はそこまでするつもりないから」という士業さんも、後日、ウェブサイトに本腰を入れる時期が到来するかもしれません。そんなときに備えて、活用しなくてもいいのでアクセス解析の導入だけはしておくことを強くオススメします。というよりも導入してください。

Google Analyticsの導入

アクセス解析は様々ありますが、まずはGoogleが無料で提供しているGoogle Analyticsを導入すればそれでオッケーです。「そういうの、活用できる自信ないし」と思われた士業さん、繰り返しになりますが導入だけしておけば活用しなくていいです

https://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/

Google AnalyticsはGoogleのアカウントがあればそれを利用できるので、Gmailなどを既に使っている人は、同じアカウントで作成すれば手間が省けます。最初の画面は時期によって変わりますが、現在は次のようなログイン画面が表示されます。

Googleのアカウントを持っている人は、「ログイン」をクリックして次へ進みます。

Google Analytics

次に下のような画面が表示されるので、右側に表示される「お申込み」のボタンをクリックします。

Google Analyticsの導入

Google Analyticsのアカウント設定画面が開きますので、アカウント名に事務所名などわかりやすい名称を、ウェブサイト名にはアクセス解析を設置するウェブサイトの名前(正式名称でなくても、わかりやすければオッケーです)、ウェブサイトのURLにはアクセス解析を設置するURLを、それぞれ入力します。

業種は迷うことも多いと思いますが、「これかな?」と思えるもので構いません。あとはタイムゾーンを「日本」に設定します。

Google Analyticsの設定

後半のチェックボックスは、内容を確認して不要なものがあればチェックを外してください。「本当の本当に、活用する気は全くないけど、だまされたと思って設置だけはしておくわ」というのであれば全て外しても構いません。

チェック欄を確認したら、青い「トラッキングIDを取得」ボタンをクリックします。

Google Anayticsの設定

規約を確認して、同意するボタンをクリック。

これで、まずは先ほど情報を入力したウェブサイトのアクセス解析用コード(トラッキングコード)が発行されます。

HTMLで個別のページごとに作ってFTPソフトでサーバーにアップロードしている人は、各ページの<head></head>タグの中に上記のコードを埋め込みます。

ページをHTML表示させて</head>タグを探し、その直前に挿入すれば通常問題ないはずです。

WordPressなどの動的なCMSを利用している人は、header.phpの<head></head>タグ内にコードを埋め込めば、それで完了のことがほとんどです(使われているテーマの構造によります)

※WordPressの例。管理画面から「外観>テーマの編集」と進み、テーマヘッダー(header.php)の</head>タグの直前に埋め込みます。

埋め込み直後はGoogle Analyticsの管理画面を見ても正しく設置できたのか分かりにくいですが、十数分経ってからGoogle Analyticsを設置したウェブサイトを自分で訪問してみて、Google Analyticsの「リアルタイム」「サマリー」のグラフに動きがあれば、問題なく設置が完了しています。

(既に訪問者の多いウェブサイトなら、自分で訪問せずともリアルタイムのグラフに次々と訪問者数が表示されていくはずです)

自分のアクセスがカウントされないようにする

以上でGoogle Analyticsの設置は完了ですが、これだと特に公開直後のウェブサイトでは、士業さん自身のアクセスばかりが計測されることになってしまいます。「見に来てくれた人が沢山いたー!」と喜んだその訪問者がすべて自分だったら悲しすぎます。

そこで、自分のアクセスにGoogle Anayticsが反応しないように設定しておきましょう。方法はいくつもありますが、もっとも簡単なのは普段使っているブラウザにGoogleオプトアウトアドオンを入れてしまうことです。アドオンさえ入れてしまえば、Google Analytics上で訪問者としてカウントされることがなくなります。

https://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=ja

ブラウザごとにアドオンを導入することになるので、もしChromeとFirefoxを併用しているなどの場合は、どちらのブラウザにも導入を要します。(デスクトップとノートを使い分けている場合も同様)

これで、自分のアクセスは原則Google Analyticsにカウントされなくなります。Google Analyticsを使ってみようかなという士業さんは、1ヶ月くらいデータが溜まってから確認してみてください(1日だけとか、短期のデータで判断するのは危険なので)。活用する意思のない士業さんは、いざというとき役に立ってくれるのかなと思いつつも後は放置でオッケーです!

WAMO

士業のウェブサイト制作・活用アドバイザー。これまで制作に携わった士業ウェブサイトは、行政書士、司法書士、社会保険労務士、税理士、弁護士、建築士、土地家屋調査士等380件以上。神奈川県横浜市在住。

関連記事

Feedlyで最新情報を確認

ページ上部へ戻る