依頼に至らない士業ウェブサイトはどの段階に問題があるのか

士業ホームページの考察

「依頼が入らない」「問い合わせが無い」。士業事務所のウェブサイトで思ったような反応が得られないとき、その原因は様々です。ウェブサイト訪問者の行動する段階を細かく分けて、各段階ごとに問題点を改善していく必要があります。

細かく段階を分けて検討するほど、問題点に気いたり改善策の精度を上げやすくなりますが、慣れないうちはどう分けるかとか、分けた後の段階ごとにどのような改善策を検討すればよいかなど、イメージしにくいと思います。

dankai

そこで、まずは「ウェブサイトへのアクセス数」と「訪問者の反応率」、大きく2段階に分けて検討してみます。

ウェブサイトへのアクセス数が少ないとき

ウェブサイトへのアクセス数があきらかに、どう見ても少ないときは、まず訪問者の増加を図る施策を検討することになります。

この際、どれくらいの規模で取り組むのか目安を誤って設定してしまうと「ウェブサイトを更新したけど意味なかった」に陥ってしまいますので、十分ご注意ください。

この点については「士業がウェブサイトを作る前に必要な「意気込み」の目安を知る方法」で詳しく触れましたが、競合事務所ウェブサイトを質・量ともに上回るものを作りあげる!という意気込みで進めないと、なかなかアクセス数の向上には繋がらないと思います。

とはいえ、「ページを増やすことがアクセスアップに効果的らしい」「Google受けが良いらしい」との考えから、ページ数の増加が目的となってしまうと結局は反応率の乏しいウェブサイトが育ってしまうので危険です。(次の項目も参照)

アクセス数のわりに反応が乏しいとき

ウェブサイトへの訪問者はそこそこ(あるいは、かなり多数)生じているものの、お問い合わせのメールや電話に繋がらないときは、ウェブサイト内で何らかの問題が生じている可能性が高いため、コンテンツの見直しを図ります。

問い合わせにくい外観上の問題はないか

まずは目で見て判断しやすい、ウェブサイト外観上の問題がないかチェックです。



ウェブサイトの雰囲気については「悩んでいる人が訪問するウェブサイトだから、分かりやすいように落ち込んでいる人の写真を使おう」「暗い雰囲気にしよう」と思われる方も意外と多いようですが(ほんとです)、訪問者は悩み続けたいわけではなく悩みを解決して晴れ晴れしたいわけですから、解消した後の爽やかな雰囲気を先取りするほうが、反応率向上を見込める場合がほとんどです。

また士業さんの写真については、写真が良ければそれだけで依頼してくれる人もいる、写真が悪ければそれだけで依頼がほとんど無くなる、それくらい大きな要素だと思って取り組むほうがよい重要な要素です。だからといってビシッと写った綺麗な写真を使えばよいわけではなく、信頼感・清潔感のあるポーズに少しだけ隙を作って上げるくらいの写真のほうが士業さんの「相談しにくさ」を引き下げ、結果として反応率が上がることも多いです。

依頼に繋がらない訪問者ばかり呼び込んでいないか

外観の問題がほとんど無さそうというときは、ウェブサイト上に用意したコンテンツ(ページ)の内容が、依頼に繋がらない訪問者ばかりを呼び込んでいる可能性があります。

法律や制度をわかりやすく解説したページがあって、そこに訪問者が毎日数百人規模で訪れていたとしても、そのほとんどが講義内容を調べるための学生だったら……反応に繋がらないのは必然です。

この問題は本当に陥りやすいので、ページ数の増加という目的ばかりに目が行って、内容の検討を失念してしまわないように要注意です。たとえ1日に1,000人が訪問するウェブサイトでも、訪問者の層が士業事務所の顧客となりうる層から乖離していては、ほとんど問い合わせに繋がりません。逆にニッチな業務をピンポイントで訴求できれば、1日10アクセスなくてもコンスタントにご依頼へ繋がるケースもあります。

詳しくは「依頼に繋らない「手引き型」士業ウェブサイトの問題点と改善方法」で触れたのでご参照ください。

アクセス解析、やっぱり入れておく?

以上を「なんとなく」の数で考えていると実際とズレが生じる可能性が高いので、下の用紙を使って実際に数字を書き込んでみることをオススメします。

ウェブサイト訪問者から依頼者への推移(PDFファイル)

これを活用して頂く前提として、ウェブサイトへの訪問者の数は把握する必要があるわけですが……。まだアクセス解析をウェブサイトに未導入の場合、そもそもの訪問者数からして把握できませんよね。

そんな士業さんは、活用しなくていいので!使いこなさなくていいので!このへんでそろそろGoogle Analyticsあたりの導入を行っておくのはいかがでしょうか。

士業のウェブサイト制作・活用アドバイザー。これまで制作に携わった士業ウェブサイトは、行政書士、司法書士、社会保険労務士、税理士、弁護士、建築士、土地家屋調査士等430件以上。神奈川県横浜市在住。